断捨離

ぬいぐるみを捨てるのが怖い時の処分方法!普通に捨てるとバチが当たる?

ぬいぐるみがいっぱい
すてら
ぬいぐるみを捨てたら、バチがあたったり、呪いがかかったりする⁉そういうの怖くて捨てられないんだけど…!

このように心配される方は多いでしょう。

幼い頃から可愛がってきたものであれば、なおさらですね。

ルナ
あんなに一緒にいたのに、捨てるなんてひどい!呪ってやる~!ってなったら悲しすぎるよね。。

今回は「ぬいぐるみを捨てるのが怖い!」という人に向けて、捨てる以外の処分方法、そして風水的な観点から、怖い気持ちを和らげる考え方についてもお伝えしていきます。

この記事で分かること

  • ぬいぐるみを捨てるのが怖い時には、どうやって処分するのか
  • 風水的にはぬいぐるみを捨てても大丈夫なのか

ぬいぐるみの処分にお困りの方が、一歩踏み出せる内容となっています。

 

ぬいぐるみを捨てるのが怖い時のおすすめ処分方法

犬のぬいぐるみ

ぬいぐるみを捨てるのが怖いときには、捨てずにだれかに引き取ってもらう、あるいは供養すると安心して手放せるでしょう。

すてら
普通に捨てるのは、やっぱり心配だもんね!

方法①:売る、寄付する

売る場合には、リサイクルショップやフリマアプリが候補にあがりますが、実は中古のぬいぐるみはリサイクルショップでは買取を断れるケースが多々あります。

とてもきれいな状態を保っているなら、メルカリなどで相場を調べて出品してみるのがおすすめです。

ルナ
アニメキャラクター、ディズニーは売れやすいよ!
売り切れのぬいぐるみ

引用元:メルカリ

 

ぬいぐるみは保育園や児童養護施設などで寄付することもできます。

ただし、施設によっては寄付を受け付けていないこともあるので、事前に確認されると良いでしょう。

また、発展途上国の子どもたちに贈るという選択肢もあります。

サービスを実施している業者は、ネットで「ぬいぐるみ 寄付 海外」などのワードで簡単に検索できます。

ルナ
ぬいぐるみを捨てるなんてかわいそう、という人にはおススメだよ!

 

方法②:神社で供養してもらう

神社には昔から「人形供養」という行事があります。

大切にしてきた人形には魂が宿ると考えられているため、あの世での幸せを願ってこのような習慣が生まれました。

実際に神社で供養してもらった人の声を紹介しますね。

きちんと供養することで気持ちに区切りがつけやすいかもしれませんね。

すてら
ぬいぐるみを神社に持っていけばいいってこと?
ルナ
供養を受け付けていない神社もあるから、前もって調べておくと安心だね。

人形供養に向けて、Twitterで募集をかけている神社もありますよ。

 

 

すてら
ネットで調べたんだけど、どこもちょっと遠いな。。
ルナ
大丈夫!いまは宅配でも受け付けてもらえるよ。

一般社団法人の「日本人形協会」では代行サービスを受け付けているので、利用方法をご紹介しておきます。

  1. ネットや電話で申し込む
  2. 専用のキットが届く
  3. 梱包して発送

という流れです。

送ったぬいぐるみは、毎年10月頃に行われている「東京大神宮人形感謝祭」でほかの人形とともに供養されます。

すてら
あ、これってお金がかかるんだね?
ルナ
祈祷料だね。さっき紹介したところだと、5,000円+送料がかかるんだけど、もう少し高いところもあるみたい。

「神社で供養するほどではないな」と思う方は自分で供養する方法もあるので、ご紹介していきますね!

 

方法③:自分で供養して普通に捨てる

自分で供養する方法は以下のとおりです。

  1. 汚れ・ホコリをとってきれいにする。
  2. 塩をふって清める。
  3. きれいな紙や布で包んで感謝を伝える。
  4. ほかのゴミとは別の袋に入れて普通に捨てる。

 

ルナ
「かわいそうだな」、「怖いな」と思う人は、ぬいぐるみの目を隠してあげるといいよ。

 

ぬいぐるみをすてて呪われる・バチが当たるという考えは気持ち次第

すてら
ぬいぐるみを捨てたからバチが当たった、呪われたって人は実際にいるの?
ルナ
気になるよね。実はそもそも呪われない、って考え方もできるんだよ。

とあるお坊さんによれば、ぬいぐるみを捨ててもバチは当たらないそうです。

諸行無常という言葉がありますが、形あるものは永遠ではないので「ぬいぐるみ」も役目を終えるときが来るということですね。

 

それどころか、役目を終えたものを残しておくのは「執着」にあたるので、感謝を込めて手放してあげるほうが良いそうです。

悪いことが起きたとしても、ぬいぐるみと関連付けて考える必要はありませんよね。

ぬいぐるみを捨てても、捨てなくても、悪いことはだれの人生にだって起こることですから。

 

ルナ
わざわざ悪い方に捉える必要はないってことだね!

 

風水的には、ぬいぐるみを捨てても大丈夫?

結論からお伝えすると、ぬいぐるみを捨てるのは風水的に良いとされています。

その理由が分かれば穏やかにぬいぐるみを手放すことができるでしょう。

すてら
なんでそうなるの?
ルナ
風水って、そんなに身近じゃないもんね。

 

ぬいぐるみの風水的な位置づけ

風水的にぬいぐるみは「持ち主と気を分け合う存在」とされています。

家の中に流れている気が良くても悪くても、ぬいぐるみは感じとるのです。

また、生き物の形をしているのに生気がないものは、運気を下げてしまうとも言われます。

ルナ
陰の気をまとってしまうそうだよ。

 

飾るのは最小限にした方が良い理由

すてら
たくさん飾ると、運気が吸いとられちゃうってこと?

そうなのです。あまりに飾る数が多いと2つの運に影響を与えてしまいます。

 

  • 発展運(新しいチャンスに恵まれる運)
  • 金運

 

家の運気が吸いとられてしまうことで、発展運がさがります。

そして、数が多い=家族の数が増える、という意味でお金のやりくりが大変になってしまい、金運も下がってしまうというわけです。

ぬいぐるみの数は、風水では3体までにすることを推奨しています。

また、飾るぬいぐるみは手入れをして清潔にしておきましょう。

 

すてら
3体まで?けっこう厳しいんだね。
ルナ
まあ、無理のない範囲でとりあえず少なめにするのが良さそうだね!

いかがでしたか?ぬいぐるみを捨てるのは決して怖いことではありません。

まずは、できそうな処分方法を選んでチャレンジしてみてくださいね。

-断捨離

© 2021 すてルナ!