お花のサブスク・定期便 サブスク・定期便

男の部屋に花を飾りたい!男性におすすめのドライフラワーや切り花を紹介

ひまわりと木製壁

「花を飾ってみたいけど、男の部屋には何が合うんだ?」

「ドライフラワー、気になるけど難しそう」

一人暮らしの男性の部屋に、どんな花を飾ったら良いのか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、男性の部屋でも違和感なく飾れて、おしゃれ度が上がる花を紹介していきます。

さらに、花選びの次に重要な飾り方も例を挙げて説明していくので、ぜひヒントにしてみてください。

家に飾れる花の種類!男性にはどれがどれが向いている?

家に飾れる花は、大きく分けて2種類あります。

  1. 切り花
  2. ドライフラワー

それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.切り花

切り花とは、葉を残した状態で咲き始めの花やつぼみを、茎ごと切り取ったものです。

「バラ」や「ひまわり」などの花がイメージしやすいかもしれません。

切り花(花と緑)

引用元:はなどんや

実は切り花と一口に言っても、枝ものや葉もの・実ものなど種類が豊富にあるのです。

瑞々しいドウダンツツジと紫陽花

引用元:はなどんや

京友禅三又

引用元:はなどんや

切り花の魅力は、一輪挿しでもスタイリッシュにキマるところ。

一輪挿しとは、花瓶に1輪だけ切り花を生ける方法です。

シンプルですがその分、生けてある切り花を目立たせることができますね。

一輪だけなら、初心者の方でも簡単に手入れできるのでおすすめです。

 

2. ドライフラワー

ドライフラワーとは、切り花などを乾燥させたものです。

工夫次第で、できるだけ花の美しさを損なわないように乾燥させることができます。

ドライフラワーにするメリットは、乾燥させることで長期間飾って楽しめること。

ただ、綺麗に乾燥させるのって少し難しそうですよね。

うまく乾燥できなければ色がくすんでしまって綺麗に仕上がりません。

ドライフラワーを上手に作るポイントは、水分が少なくて変色しにくい素材を選ぶこと。

例えば、下の3つが挙げられます。

  • ミモザ
  • アジサイ
  • ユーカリ

作るのに簡単な方法は「直射日光が当たらず、湿度が高くない場所で逆さにつるしておく」というものです。


作ってしまえば、ほこりを定期的にはらうぐらいで手がかからないところも高ポイントです。

お花初心者の男性の家には、切り花とドライフラワーどっちがおすすめ?

初心者の方は、切り花から始めるのがおすすめです。

切り花は、生の花なので数日〜数週間で枯れてしまいますが、言い換えれば「いろいろな種類の花を試しやすい」ということです。

季節の花を選んでみたり、好みの花を探してみたりして、お気に入りの切り花をまずは見つけてみてはいかがでしょうか。

「これはドライフラワーにして長く楽しみたい!」というものが見つかったら、ドライフラワーに挑戦されると良いと思います。

男の部屋に花やドライフラワーを飾った様子・参考イメージ

飲み終わったお酒のボトルを活用されていますね。

お酒の瓶などを使う場合は、しっかり洗って乾かしてから使いましょう。

枝ものの切り花を大胆に生けています。

インパクトのあるグリーンなので、存在感があって良いと思います。

こちらも、葉ものをざっくりと飾っていますね。

緑が部屋にあるだけで、さわやかで清潔な印象を感じます。

少し色あせたユーカリの緑が、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

ユーカリはアロマとしても使われるほど、フレッシュな良い香りが特徴です。

こちらも、くすんだ独特な色合いが素敵にに仕上がっていますね。

壁にさっと飾るだけでおしゃれな雰囲気になります。

男の部屋におすすめのおしゃれな切り花3選

「部屋が殺風景だからどうにかしたい!」

でも、家具を変えるのは大変ですよね。

切り花は一輪だけだとしても、赤や黄、緑など色彩が豊かなので、部屋をパッと明るくしてくれます。

種類もたくさんあるので、好みの花を見つけられるはず。

最初はどれが良いか迷うと思うので、手入れが簡単で男性の部屋にもおすすめな切り花を3つご紹介します。

  1. ひまわり
  2. ナルコラン(ナルコユリ)
  3. ドウダンツツジ

順に見ていきましょう。

1.ひまわり

黄色いひまわり

引用元:はなどんや

ひまわりは、鮮やかな黄色で大きな花が咲くことで有名です。

一輪挿しでもスッキリとして良いですし、違う種類のひまわりと合わせたらグッと華やかになりますよ。

直射日光や、エアコンの風が直接あたるところは避けて置くようにしましょう。

 

2.ナルコラン(ナルコユリ)

ナルコラン

引用元:はなどんや

ナルコランは葉も茎もしっかりしているので、葉ものの中でも華やかな種類のひとつです。

常緑のため、日陰でも綺麗な緑を保てます。

室内で育てるのにぴったりですね。

 

3.ドウダンツツジ

ドウダンツツジ

引用元:はなどんや

左右に広がって動きがあります。

鮮やかな緑が、部屋をさわやかな雰囲気にしてくれるでしょう。

直射日光の当たる場所や、エアコンの風が直接あたるところは避けて飾ってください。

 

切り花を綺麗に見せるための部屋づくりのコツ

切り花の映え方を左右する最大のポイントは「花瓶」です。

部屋のスタイルはいろいろありますよね。

モノトーンだったり、ウッド調のインテリアがあったり…。

花瓶にも、ガラス製のものや陶器でできたものなど、選択肢がたくさんあります。

部屋の印象と合った花瓶を使うことで、一体感が出ておしゃれな雰囲気になるのです。

おすすめの花瓶を紹介するので、何が良いか参考にしてみてください。

コツ①:ガラス製の一輪挿しにする

ガラス花瓶

引用元:Amazon

口径が3.4㎝と狭いものなので、一輪でも綺麗に飾れます。

シンプルなガラス製なので、どんなお部屋にも馴染めるでしょう。

大ぶりな花を一輪生けても良いですし、葉ものを2〜3本飾ってもスタイリッシュにまとまると思います。

コツ②:アイアン調の一輪挿しにする

アイアン調花瓶

引用元:楽天市場

アイアン素材でシックな色合いの一輪挿し3組です。

モノトーン調の部屋と相性抜群でしょう。

木のぬくもりが感じられる、ナチュラルテイストな部屋にもしっくりくると思います。

コツ③:水差し型の花瓶を使う

 

水差し型の花瓶

引用元:楽天市場

元々家にあるものを使ったかのような水差し型。

葉ものや枝ものをざっくりと挿すだけでも格好がつきます。

飾る植物の高さに合わせて選んでみてください。

 

切り花の手入れ方法3ステップ

切り花の手入れには、3つのステップがあります。

どれも数分あればできるので、ぜひお試しください。

  1. 水を清潔に保つ
  2. 定期的に茎を切り戻す
  3. 枯れた花・葉を取り除く

詳しく見ていきましょう。

1.水を清潔に保つ

花瓶に生けた水は、浸かっている茎がふやけることで数日経つと汚れてしまいます。

水が汚れたまま放置すると、水を吸収している茎の切り口が腐ってしまい、花も枯れてしまうのです。

花を長持ちさせるためには、水を毎日取り替えるようにしましょう。

また、水に浸かっている部分の葉は最初から取り除いておくことも大切です。

そうすれば、葉がふやけて腐ることもないので、水を清潔に保ちやすくなります。

2.定期的に茎を切り戻す

茎はずっと水に浸かっているので、数日経つと切り口からの吸水力は弱まります。

そこで、茎を少しずつ定期的に切ってあげると、断面を新鮮な状態で保つことができるのです。

茎を切るときのコツは、斜めに切ること。

斜めに切ると断面が大きくなるので、水を吸収しやすくなります。

3.枯れた花・葉を取り除く

花や葉は、咲き終わりに近づくとどうしても枯れる部分が出てきます。

枯れたところを取り除くことで、まだ元気な花に効率よく栄養を行き渡らせることができるのです。

かさかさしてきたり、しわしわになったり、茶色に色あせてきたらすぐに取り去るようにしましょう。

参考:AOYAMA HANAMO

切り花は手入れを正しく行えば、その花の咲き終わりまで十分に楽しめます。

一輪から飾り始めて、咲き終わるたびに種類の違う切り花を選ぶのも一興です。

-お花のサブスク・定期便, サブスク・定期便

© 2022 すてるなキケン