断捨離

教科書が邪魔だけど捨てるのはもったいない!捨てる以外の処分方法4選【有効活用】

山積みの本
使い終わった教科書、場所を取るから捨てたいんだけど・・・。でも、もったいなくて捨てられないなあ。
すてら

教科書は価値があるもの・・・という気がして、捨てるのはもったいない気がしますね。できれば捨てずに有効活用したいもの。

ルナ
でも場所は取るから、片付けはしたいよね。

この記事では、教科書をただ捨てるのではなく「有効活用」する方法をまとめます。紹介する方法は以下の4つ。

 

  • 売る
  • あげる
  • 寄付する
  • 古紙回収でポイントをもらう

 

では、詳しく見ていきましょう!

 

おすすめ処分方法①:売る

せっかく頑張って勉強した教科書。「売る」と聞くともったいない気もしますが、買ってくれた人のところでで有効活用され続けます。

ルナ
しかもお金が手に入る!一石二鳥だね!

 

ただし、どんな教科書でも売れるわけではないので要注意。売れる教科書もあれば、売れない教科書もあります。

売れる教科書としては

  • 大学の教科書
  • 私立高校の教科書
  • 受験用の参考書関連

が狙い目です。

 

それ以外の教科書(一般的な中学・高校の教科書)は買取不可の場合が多いです。

高校までの教科書は、入学時に一括購入することがほとんど。お金を出して中古の教科書を買う人は、ごく小数だからです。

また、世の中に大量に出回っているために中古需要が少ないという理由もあります。

 

私が大学で使ってた教科書、マーカーやペンでいっぱい書き込んでるよ。売れるの?
すてら
ルナ
大丈夫!書き込みがあっても売れる場合が多いよ!

程度にもよりますが、書き込みがあっても買い取りしてくれる業者さんは多いです。

もちろん、査定価格が下がる場合もあります。でも、それより本の中の「情報」を重視して高値で買い取ってくれる場合もあります。

 

でも、面倒じゃない?重たいから運んだりできないよ?
すてら
ルナ
家まで集荷に来てくれるサービスも多いよ!

教科書を買取してくれる業者さんの中には、

  • 無料ダンボールプレゼント
  • 集荷サービス無料
  • 送料無料

といったサービスが充実しているところも多いです。申し込みも、スマホを使ってほんの数分で完了。

ルナ
場合によっては、ゴミ捨て場へ持っていくよりラクなのよね。

 

大学の教科書・専門書はどこで売る?

大学の教科書・専門書は、「ブックリバー」「専門書アカデミー」で売るのがおすすめです。

 

ブックリバーは

  • 徹底的なコストカットで、買取価格アップ
  • 専門書に詳しいスタッフの査定
  • 人気書籍は定価の30~50%で買取

が大きな特徴。安定して高値が付きやすく、初めて教科書を売る人にも安心です。

 

専門書アカデミーは

  • 手続きが簡単
  • ダンボール無料プレゼント
  • 2,000万冊以上の買取経験

という特徴があります。手間を掛けず、サクッと売りたい場合におすすめ。

 

どちらのサービスも、配達業者の方が家まで集荷に来てくれます。この便利さだけを考えても、十分に価値のあるサービスだと言えます。

ルナ
特に、車を持ってない人にとってはホントに助かるね!

 

高校の教科書・参考書はどこで売る?

私立高校の教科書・大学受験で使った参考書などは「学参プラザ」で売るのがおすすめです。

学参プラザの特徴としては

  • 10冊以上以上送れば送料無料
  • ダンボールは無料でプレゼント
  • 納得いかなければ無料で返送してもらえる

といったところが挙げられます。査定額アップキャンペーンも豊富なので、思わぬ高額で買い取ってもらえるかもしれません。

ルナ
キャペーンを有効活用すれば、査定額が最大45%もアップすることがあるよ!

 

「学参プラザ」には、売れるもの・売れないものの区別があります。

大学受験用の参考書は、基本的に何でも買取可能です。

ただし高校の教科書は、開成・灘・早稲田・・・といった、難関私立のもののみが主な買取対象になっています。

自分の持っている教科書が売れるかどうか、詳しくは公式ホームページをご覧ください。

ルナ
教科書は限られた人しか売れないみたい。

 

おすすめ処分方法②:あげる

後輩や弟・妹などに教科書をあげるのもいい方法。

私も経験がありますが、特に大学の教科書は「半年しか使わないのに5,000円もするの・・・!?」という感じの、高額なものが多い印象。

もし譲ってくれたら、本当に有難いものです。

 

ルナ
ただし、中・高の教科書や参考書は要注意!

たいてい4年ごとに、教科書改訂が行われます。教科書は内容が大きく(というより、ほぼ全て)変わり、参考書も当然内容が変わります。

中・高の教科書をあげる場合には、改訂に十分注意しましょう。

ルナ
もちろん、大学の教科書も改訂されている場合がありますので注意しましょう!

 

おすすめ処分方法③:寄付する

慈善

使わなくなった教科書を回収してくれるNPO団体や企業などがあります。回収した教科書をお金に換え、寄付金として支援団体に回してくれるというわけです。

例えば

  • 被災・貧困などで学ぶ機会が限られる学生の支援
  • 発展途上国の支援

といった用途で活用してくれる団体があります。

これこそホントに「有効活用」だ!
すてら

価値のある教科書だけに、捨てるのはもったいない。でも、こうして寄付した教科書が役に立つのは気持ちのいいものですね。

 

ルナ
ただし、ひとつ注意が必要!

寄付する教科書は、実費で送ったり指定場所へ持ち込まないといけない場合もあります。教科書を寄付しようと思う場合、かかる費用についてもよく説明を読んでおきましょう。

 

先に紹介した「専門書アカデミー」では、送料・ダンボール料無料(条件あり)で教科書を寄付することができます。

貧困や被災など、学業を修めるのが困難な学生の支援に教科書が活用されます。

寄付できるのは大学の教科書・専門書に限られますが、このサービスを活用するのもいい選択肢のひとつ。

>>「専門書アカデミー」寄付買取プログラム

 

おすすめ処分方法④:古紙回収でポイントをもらう

ここまで、教科書のいろんな有効活用法を考えてきました。しかし、どれもいい方法でなければ素直に処分するしかありません。

ルナ
考えた結果だもん、仕方ないね。

 

でも、教科書を最後の最後まで有効活用する方法があります。それがスーパーやショッピングセンターにある古紙回収サービス。

回収場所によっては「古本1キロにつき〇〇ポイント付与」といったサービスをしてくれる場合があります。教科書を捨てるのは最後の手段とはいえ、ちゃっかり得することもできます。

 

また、この手の古紙回収サービスは「すぐ持って行ける」ことも大きなメリット。地域の収集日を待たなくていいんです。

一気に掃除を進める上で、これは地味にありがたいポイントです。

 

もちろん、近所にこうしたサービスが展開されていない場合もあります。その場合は、地方自治体のルールに従って捨てましょう。

 

ルナ
古紙回収も、捨てるのも、個人情報には十分注意してね!

個人情報が分かりそうな部分は事前に破っておいたり、マジックで塗りつぶすなどの対策をしておきましょう。捨てる教科書は、誰が見ているかわからないからです。

-断捨離

© 2021 すてルナ!