お花のサブスク・定期便 サブスク・定期便

花屋での買い方が不安?お花の頼み方や店員とのやりとり・全体の流れを解説!

花のトラック

花屋に行く機会が少ないと、初めて花を買うときにどのような頼み方をしたら良いのか分かりませんよね。

ましてやプレゼント用の花束を買うとなったら「自分で花を選んで作るのか」「店員さんに花選びから作成までしてもらえるのか」など疑問に思うでしょう。

今回は初心者の方でも簡単に注文できるように、花束の頼み方も例文付きでご紹介しています。

  • 花屋での振る舞い方
  • 店員さんとのコミュニケーションの取り方
  • 初心者の方にもおすすめな花の選び方

このような点を解説するので、参考になれば幸いです。

ルナ
この記事を読んで、安心して花屋さんに行こうね!

花屋で花を買う流れ!まずは買い方の全体像を確認しよう

花屋に入ってから出るまでの流れを確認しましょう。

  1. ほしい花の目星を付ける
  2. 店員さんに注文する
  3. 会計する

まず買いたい花があるか店内を見て回って確認します。

欲しい花が見つかったら、店員さんに「このお花を〇本ください」という風に声をかけます。

全く見当もつかない方は最初から店員さんに相談してもOK

プレゼント用であればラッピングをしてもらい、会計して買物完了です。

買い方は非常にシンプルですよね。

ただ店員さんと話すこと自体最初は緊張するもの。

次項では店員さんとのコミュニケーションの取り方を解説していきます!

花屋で花を買うときの頼み方!注文・返答のやり方や店員とのコミュニケーション

「花屋って行きづらいな」と感じる方の多くは、店員さんとのやりとりに不安があると思います。

しかし「注文時」と「会計時」に話すことを決めておけば店員さんとの会話には困らないので、それぞれ見ていきましょう。

 

花屋での頼み方で初心者が伝えるべきポイントは3つ

店員さんに注文するときは、3つのことを必ず伝えます。

  • 用途
  • 予算
  • 色や雰囲気

用途として多い「自宅用」「プレゼント用」の2パターンの注文例を挙げておきますね。

花の頼み方の例文
 自宅用の花を買うとき  自宅用の花を選びたいのですが予算500円で買えますか?黄色系明るい雰囲気のものがほしいのですが…。
 プレゼント用の花を買うとき  母への誕生祝いに花束を買いたいのですが予算3,000円で作ってもらえますか?ピンク系でふんわりとした感じにしてもらえると嬉しいです。
ルナ
太字部分を好きなように変えて注文してみてね!

 

花屋で花束の包装時に聞かれることは2つ

「注文できれば終わりじゃないの!?」と思われるかもしれませんが、包装時には店員さんから2つのことを聞かれます。

  1. 長さはどうしますか?
  2. お水はつけておきますか?

花は茎が長い状態で売られているので、そのままでは自宅の花瓶とサイズが合いません。

そのため店員さんは「花瓶に合うサイズに切りますよ」と聞いてくれているのです。

花瓶の2倍くらいの長さに切ってもらっても良いですし、花瓶の写真を見せてそれに合うようにしてもらっても良いと思います。

また「お水はつけておきますか?」というのは「持ち歩く間に花がしおれてしまわないよう保水処理をしておきましょうか?」という意味です。

保水処理はジェリーを茎の断面につけるなどして新鮮な状態をキープできるようにすることなので、お願いしておくと良いでしょう。

ルナ
5時間以上持ち歩くときには、店員さんに時間も伝えよう!

 

花屋で花を買うときの選び方!「何を買えばいいか分からない」を防ぐために

初心者の方が花を買うときにおすすめの選び方を3つご紹介します。

  1. 好きな花を1輪だけ選ぶ
  2. 似た色の花を数種類選ぶ
  3. お店で作られたミニブーケを選ぶ
ルナ
とりあえずこういう方針で選べば、大きく敗したり恥ずかしい思いをしたりすることはないから安心してね!

ひとつずつ見ていきましょう。

 

選び方①:好きな花を1輪だけ選ぶ

初心者の方は1輪だけ買ってみるのもおすすめです。

1輪であれば手入れにもあまり時間がかかりません。

スタイリッシュな上、リーズナブルな予算でおさまるため、ちょっとしたプレゼントにも最適です。

 

選び方②:似た色の花を数種類選ぶ

花を数本買いたい場合は、似た色の花でまとめると簡単に統一感が出せます。

例えばメインカラーをピンクにしたとすると、レッドやホワイトの花と合わせればキレイに仕上がりますよ。

選び方③:お店で作られたミニブーケを選ぶ

花屋の中には500円のミニブーケを売っているところがあります。

ワンコインとは思えないほどかわいらしい仕上がりのブーケなので、何を買えば良いか分からない方にはもってこいの品物です。

 

花の買い方が分からなければ店員に聞いてみるのがおすすめ

自宅で飾るにしても、プレゼントとするにしても「どれを選べば良いのか全く見当がつかない!」という方も多いのではないでしょうか。

そんなときは店員さんに相談するのが1番手っ取り早いです。

  • 季節の花を飾りたくなったのですが、何かおすすめはありますか?
  • お世話になった先輩が退職するので、花束を作ってもらえますか?
  • 母の誕生日に花を贈りたいのですが、ちょっとしたブーケなどはありますか?

このように花を買おうと思ったシチュエーションを伝えられたらOKです。

プレゼントであれば贈る相手の好きな色や雰囲気なども一緒に伝えられると、よりイメージに合った花を見繕ってもらえるでしょう。

 

花の値段はいくら?どれくらいの予算を考えておけばいいの?

花の値段は季節によっても変動しますが、自分用であれば500円以内で収められますよ。

プレゼント用のブーケであれば1,000円以上と考えておきましょう。

花屋によっては「ブーケの依頼は3,000円以上から」という場合もありますので、事前に確認した方が良いかもしれませんね。

金額別でどれくらいのサイズ感になるか例を挙げておきます!

 

【300円以内】

ピンクカーネーション

引用元:はなどんや

1本だけ花瓶に飾る「一輪挿し」スタイルであれば、300円以内で買えるものがほとんどです。

とりあえず花のある暮らしを試してみたい方にもおすすめ。

 

【500円】

500円の予算であれば、ワンコインブーケを販売している花屋も増えています。

店員さんがアレンジしてくれているので、そのまま飾ってもかわいいですよ。

 

【1,500円】

「500円だと小さすぎるし、3,000円だと大きすぎる…」というときにおすすめなのが1,500円くらいのブーケです。

大きすぎないので持ち歩きやすいのも高ポイント。

 

【3,000円】

3,000円ほどの花束は、誕生祝いや記念日などで渡すことが多いサイズだと思います。

花の種類が増えてグリーンもふんだんに使われるので、一気にボリュームと華やかさが増しますね。

 

【5,000円】

5,000円の花束となると両手で持っても重たいくらいの大きさになります。

会社の上司の送別会で渡したことがありますが、インパクトもあって華やかなのでとても喜んでもらえましたよ。

 

花屋でお花や花束を買うときのよくある疑問や不安点

花屋に行くときに不安を感じやすい点を、Q&A形式で解説していきます。

実際に花屋へ行く前に疑問を解消しましょう!

Q1.お花は自分で勝手に取っても良いの?

花は繊細なので基本的には自分で取らない方が良いです!

中にはセルフサービスで取って良いお店もありますが、触る前に一言「自分で取っても大丈夫ですか?」と声をかけるようにしましょう。

Q2.1輪だけ買うのでも大丈夫?

1輪だけでも大丈夫です!

あそこのバケツに入っている〇〇を1本ください」と店員さんに伝えましょう。

ルナ
私もよく1輪だけ買っているけど、快く包んでくれるよ

Q3.花束を作りたいときはどうやって頼めば良いの?

用途・予算・色を店員さんに伝えましょう!

メインカラーを1色だけでも指定すると、店員さんも作りやすいと思います。

開店祝いや送別会のために花束を作りこんでもらいたいときには、事前に予約しておくと良いですね。

当日だと在庫の中から花束を作るので、どうしても使える花の種類が少なくなってしまってイメージ通りにならない可能性が高くなってしまいます。

Q4.花束を作ってもらうのにどれくらいの時間がかかるの?

だいたい15分程度で作ってもらえます!

事前に予約しておけばお店に行ってすぐに受け取れるので、待ち時間を短縮したい方は予約しておくことをおすすめします。

みんなはどうしてる?花屋での花の買い方は色々ある!

花をよく買う人たちはどのような買い方をしているのか調べてみました。

花瓶を持って行ってそれに合うようにしてもらえば、生け方に悩まなくてよくなりますね。

長さをどうするかという質問も受けずに済みそうです。

「〇色以外で」と注文すれば、買いたくない色を確実に避けられるので良い方法ですね。

人それぞれ花の買い方に違いがありますが、実はあまり気にしなくても大丈夫。

店員さんは花の相談にはとても快く応じてくれます。

ルナ
ちなみに私は店員さんに聞いて季節の花を買うことが多いよ。あと毎回メインの色を変えるようにしてる!

花の色が違うだけで部屋にもたらす雰囲気はガラッと変わるのです。

どれも味があって素敵なので、できるだけいろいろな色を試すようにしています。

 

花屋での花の頼み方が分からず不安な人は結構多い

花屋に行くのに不安を感じる人は意外と多いものです。

店員さんからの質問に答えられないと、余計に焦ってしまいますよね。

しかしどんな花が良いか分からないなら、そのことを伝えてしまっても良いのです。

「祖父母にあげるお祝いの花がほしいのですが、初めて買うので全然イメージとか分からなくて…」と伝えれば、店員さんが実際に花束を作りながら「こういう感じはどうですか?」と聞いてくれますよ。

お店に入るまでが大きな一歩ですよね。

入ってしまえば「このお花を1本ください」と伝えて会計すれば花を買えるので、ぜひ挑戦してみてください。

お店に入ってみてビビッと気になる色や形の花があれば、それを店員さんに注文しましょう。

 

花の頼み方が分からない方や初心者の方は、花屋に入りづらいという気持ちになりがちですよね。

ルナ
私もその一人だったけど、今では店員さんとのおしゃべりも花のことを知れるからとっても楽しい!

伝えるべきポイントを押さえればイメージ通りの花は買えるので、記事を参考にして花のある暮らしを手に入れましょう!

-お花のサブスク・定期便, サブスク・定期便

© 2022 すてるなキケン