お花のサブスク・定期便 サブスク・定期便

花を買う心理・飾る心理とは?なぜ理由や効果・みんなの意見を紹介!

紫陽花ブーケ

「どうしてわざわざ花を買って飾るんだろう?」

今まで花を飾る習慣が無ければ、いずれ枯れてしまう花をなぜ人は買うのか気になりますよね。

この記事では「なぜ花を買ったり飾ったりするのか?」について、その理由や心理についてご紹介していきます。

ルナ
ちなみに私は、花を見ているとリラックスできるし、部屋が華やかになる気がするから飾ってる!

実はこの「花を見るとリラックスする」という効果は、実験でも立証されているのです。

花のある暮らしによって得られるメリットも解説していくので、参考になれば幸いです。

なぜ人は花を買うのか?理由はあるの?

スリーエム株式会社が行った「自宅にお花を飾ってる人の割合は?お花好きの人が花を飾る理由とは?」というテーマのアンケートの中の、「定期的に花を飾る理由」の項目では次のような声が寄せられました。

お花を眺めていると、リラックスして気分が良くなります。家族も嬉しい様子で、「この花の名前なんて言うの?」など質問してくるので会話が弾み、家庭内が明るくなります。

花を置くことで、小さな模様替えのような気持になってうれしい。季節も感じられて、気分も明るくなる。

引用元:PR TIMES|スリーエム株式会社

花を飾る理由のアンケート結果としては「リラックスできるから」「手軽に模様替えができるから」「季節を感じられるから」などの声が見られますね。

また、自宅に飾る以外にも贈り物として花を買う人もいます。

農林水産省が行った『花や緑の効用・家庭とオフィスへの導入状況に関する調査』のうち、540人を対象に行われた消費者調査では、誕生祝いに花を買うと答えた人が半数ほどいたそうです。

花を贈る際は色合いやできあがりの雰囲気をカスタマイズできるため、贈る人に合ったオリジナルの花束をプレゼントできるところが魅力のひとつなのです。

花を買いたい・飾りたくなるときの心理とは?

花を買いたい、もしくは飾りたいとなる心理として、5つの理由が考えられます。

  1. 部屋を明るくしたい
  2. 気分転換したい
  3. 自分へのご褒美がほしい
  4. 季節を感じたい
  5. 人に贈りたい

詳しく見ていきましょう。

①部屋を明るくしたい

花は黄色や赤、青などパキッとした鮮やかな色をしています。

白い壁に白い棚というシンプルなインテリアであっても、花を少し飾るだけでとても華やかに。


部屋の壁紙や家具を変えることは難しいですが、花であれば気軽に買えます。

ルナ
そのときの気分によって部屋を手軽に彩れるのが花の良いところ!

②気分転換したい

花を愛でるには、手間がかかります。

水を替えて、茎を切り戻して、枯れた部分を取り除いて。

手間も時間もかかる分、手入れをしている間だけは「自分の時間」に没頭できるのです。


プライベートでも仕事でも、ストレスを感じることはありますよね。

日々いろいろ考えているからこそ、花の世話だけに集中できる自分の時間は、良い気分転換になるでしょう。

③自分へのご褒美がほしい

力を入れていた仕事がひと段落したときや、昇進したときなどは自分を祝いたくなるもの。

花は開店祝いや誕生祝いとして贈られることが多く「お祝い」のイメージがあります。


がんばった自分へのご褒美として、お祝いのイメージが強い花を買いたくなるのですね。

ルナ
もともと花が好きな人とかだと、なおさらご褒美に買いたくなるかも!

④季節を感じたい

四季によって旬の花は異なります。

例えば、以下の通りです。

  • 春→チューリップ
  • 夏→マリーゴールド
  • 秋→コスモス
  • 冬→クリスマスローズ

12か月それぞれの花を選んで購入できるサービスもあります。

参考:iconicflower

毎日忙しく過ごしていると、いつの間にか四季は移ろって1年が過ぎ去ってしまいます。

「シーズンごとに花を飾って季節を感じる」という習慣は素敵ではないでしょうか。

⑤人に贈りたい

普段、花を飾る習慣がない人でも、贈り物として花をもらうと嬉しく感じるものです。

農林水産省『花や緑の効用・家庭とオフィスへの導入状況に関する調査』の消費者調査で「花や緑をもらって嬉しかった」と回答した人は、540人中の9割を超えたとのこと。

ルナ
私も花をもらったときすごく嬉しかったし、祝ってくれる気持ちが伝わったな

花をもらうことで自分が幸せになれたから、人にも贈りたくなるのですね。

花を部屋に飾る心理効果やメリット

花を部屋に飾ることで得られる効果は2つあります。

  1. 部屋を華やかにしてくれる
  2. ストレスを軽減しリラックスできる

順に見ていきましょう。

①部屋を華やかにしてくれる

農林水産省『花や緑の効用・家庭とオフィスへの導入状況に関する調査』の花を飾ることによる効果に関する約20,000人を対象にした調査では、花を飾ることで「部屋が華やかになった」と感じた人は1番多く、全体の4割もいたそうです。

女性に関して言えば、過半数もの人が「部屋が明るくなった」と回答しているとのこと。

花には見た目が華やかなだけでなく、香りが良いものも多くあります。

好きな色と香りの花が部屋にあると気分が上がるため、部屋の雰囲気も明るく感じるのでしょう。

②ストレスを軽減しリラックスできる

花は、ストレスを軽くし、リラックス効果をもたらすことが立証されています。

そもそもストレスを感じると、体の中では交感神経が優位になります。

交感神経は決して悪いものではなく、日中や運動中は交感神経が優位にはたらくのですが、それが続くと自律神経の乱れにつながるのです。

心身をリラックスさせるためには、副交感神経が優位にはたらくよう切り替えなければなりません。

千葉大学で「花ありと花なしの環境が心拍にどう影響するのか」が調査されました。

心拍は、交感神経が活発なときに早くなるもの。

花のある部屋で心拍が緩やかになれば、副交感神経が優位になっている、つまり「リラックスしている」状態と言えます。

結果としては、花があると交感神経活動は抑えられ、副交感神経活動が上昇したそうです。

つまり、花のある暮らしはストレスを軽減して、リラックス感を高めてくれることが分かったのですね。

花を飾ると、毎日の手入れが必要になります。

一見面倒に思えますが、実はその「手間」が花を飾る醍醐味。

忙しく、ストレスフルな毎日を過ごす人にとって、花は「癒し」であり「日々の彩り」なのです。

ルナ
花のある暮らしで癒されてみよう!

-お花のサブスク・定期便, サブスク・定期便

© 2022 すてるなキケン