断捨離

中学の教科書を捨てるのはNG?卒業後に使うもの・使わないものを徹底解説!

勉強している女性
中学を卒業した後の教科書を処分するかどうか悩む。高校になって使うかも?と思ったらなかなか捨てられない…!
すてら

このような方に、中学の教科書を処分すべきかどうかについて解説していきます。

この記事で分かること

  • 中学の教科書は高校に入ってから復習に使うのか?
  • 捨てて良い教科・とっておくべき教科書
  • 残す場合はいつまで残しておけばいいのか

 

ルナ
私が高校生だった時の体験談を踏まえて書くから、ぜひ参考にしてね!

 

中学の教科書は高校でも使うのか?捨てても大丈夫?

本棚

「高校に入ってから中学の教科書で復習するかも?」と思うと、なかなか捨てられませんよね。

しかし結論を言うと、ほとんどの教科書は捨ててしまってOKです。

 

というのも中学教科書の内容の大半が、高校の教科書で網羅されているんですよね。

だからわざわざ中学の教科書を残しておかなくとも、高校の教科書さえあれば復習が可能。

例えば英語の場合、文法の「完了形」を忘れちゃったとしても、高校の授業を受けていれば中学の頃の復習はちゃんとできるようになっています。

ルナ
万が一理解できなくても、中学の教科書復習するより、高校の先生に聞いたほうが確実だし!

 

つまり、今後中学の教科書が無くても特に問題はないんです。

ルナ
私も「いつか使うときがくるかな」と思いずっと残しておいたんだけど、結局使うことなくズルズルと年月が過ぎていき、高校に入学してから一度も中学の教科書を使うことがなかった。

高校の勉強でつまずいても中学の教科書に立ち戻るシーンはほとんど無いです。

  • 「この教科書と一緒に苦難を乗り越えたんだ」というような強い思い入れがある
  • どうしても苦手だった教科

上記のようなものでない限り、基本的には捨ててしまって大丈夫です。

また、中学の教科書を処分することによって収納スペースが確保できるようになります。

中学の頃の教科書をずっと置いておくくらいなら、高校の範囲の参考書や問題集を買って家に置いておいた方がよっぽど有意義だと思いますよ!

 

中学の教科書で捨てるべきもの・捨てないほうが良いものの判断基準

本・教科書

基本的に中学の教科書は処分しても問題ありませんが、中には「とっておいた方がいいかも?」というものもあります。

解説する教科は次の5教科です。

  • 英語
  • 数学
  • 理科
  • 社会
  • 国語

ちなみに中学受験のテキストに関してはとっておいたほうがいいものもあります。

英語

英語の教科書は処分しても特に問題ありません。

高校の授業や教科書で中学の内容を復習することができるからです。

 

また、中学の英語教科書って体系立てて復習することが難しいんですよね。

中学の教科書はストーリーに沿って文法や構文を学習するため、詳細にまとまった復習ができないんです。

ルナ
英語の教科書を見返してみて欲しいんだけど、正直長文だけ読んでも復習にならないよね。
確かに、使われている単語もまとまっていないし、かなり復習しづらいかも。
すてら

高校に入ると新たに単語帳を購入するため、中学の教科書は必要ないと言えます。

 

数学

数学に関しては、入学したばかりの段階では残しておいてもいいかもしれません。

高校数学は他の教科以上に中学の基礎に依存するからです。

中学数学の土台ができあがっていないと高校数学を学ぶことは難しいもの。

たしかに高校の教科書にも中学の内容は包含されていますが、さらに遡った復習が必要なケースが発生することも考えられます。

ルナ
例えば「あの公式が思い出せない!」となったときに、数学の教科書があれば簡単にみつけられるよね。

理科

理科も処分しても特に問題ありません。

高校の理科では物理や化学など枝分かれして、中学のレベルとは比にならないからです。

入学する高校によっては1年生では理科総合A、Bといった分かれ方をする場合もあります。

実際、高校に入学してから中学の教科書に戻って復習する機会はないです。

また、中学の教科書の内容は高校の教科書で網羅されるので無理に残しておく必要はありません。

 

社会

処分しても特に問題ありません。

中学の内容は高校の教科書に含まれていることが大半だからです。

ルナ
中学で習った範囲をもう一周するイメージなんだけど、そのときに中学で教わったこと+高校の範囲を勉強するよ。

だから、高校の教科書があれば大丈夫です。

歴史、地理、公民どれをとってもわざわざ中学の教科書で学びなおすことは無いでしょう。

国語

処分しても特に問題ありません。

国語も中学の内容は高校の教科書に含まれているからです。

古文の活用形や詩歌の知識なども高校の教科書や便覧で復習可能。

文章は中学の教科書のものを再度読み返し復習することはまずありません。

 

中学の教科書はいつまで残しておくべき?捨てるタイミングについて

本・参考書・教科書

ルナ
中学の教科書は基本的にはいらない。けど、今すぐに捨てる必要はないよ!

高校1年生になってから授業を少し受けて、一度も使わなければ処分することをおすすめします。

中学の教科書を利用して復習するとすれば、間違いなく高校1年生の始めの時期です。

このタイミングで一度も使わなかったのなら今後使うことは考えられません。

処分することはいつでもできるので、実際に授業を受けてみてから判断するとよいでしょう!

 

中学の教科書のおすすめ処分方法

詰まれた教科書・参考書

中学の教科書のおすすめ処分方法は次の3つです。

  1. 捨てる
  2. 売る
  3. あげる

それぞれ確認していきます。

中学教科書の処分方法①:捨てる

結論から言うと、捨てることが中学の教科書の処分方法で一番おすすめです。

他に売るという選択肢もありますが、中学の教科書は需要がなく売ることが難しいんですよね。

ルナ
中学の教科書は流通している量も多く希少価値が低いからね。

さらに、中学の教科書は内容がどんどん更新されていきます。

そのため、情報の古い教科書のニーズは低い傾向にあるのです。

ただし、受験用の参考書は高値で売れるケースがあるので手元にあれば売ることを検討してみましょう。

 

ちなみに、中学の教科書を捨てるときは個人情報に細心の注意を払いましょう。

名前や学校名が書かれていると、今の時代は簡単に個人を特定されてしまいかねません。

名前や学校名の記載がある場合、必ずその部分を裁断しておくよう気を付けてくださいね。

 

中学教科書の処分方法②:売る

高校受験対策用の参考書や売れることがあります。

例えば「学参プラザ」という受験用参考書を専門に買取しているサービスがあるんですが、ここでは以下のようなものを買い取っています。

  • 「学参プラザ」指定の中高一貫校の教科書(有名な私立・国立のみ)
  • 高校受験用の塾の参考書(市販のもの)
  • 高校受験用の塾テキスト(日能研・早稲田アカデミー・四谷大塚などの有名塾)

上記を持っている方がいたら、一度査定に出してみるのがおすすめです。

ルナ
ただこれらを持っている方は少ないと思うから、中学の教科書を売ることは難しいかな。

ちなみに、学参プラザ以外にも以下のような方法で売ることができます。

  • 宅配の買取業者(学参プラザなど)
  • フリマアプリ(メルカリなど)
  • 古本屋(ブックオフなど)

基本的には宅配買取業者(中でも学参プラザ)をおすすめします。

宅配の買取業者であれば基本的に査定自体も無料で、簡単に対応することができるからです。

査定自体は無料で段ボールに詰めて送るだけなので、とりあえずだしてみても良いですね!

 

中学教科書の処分方法③:あげる

これから中学校に進学する近所のお子さんや学校の後輩たちに譲ってあげるという方法。

捨てるよりも無駄にはならず、不要の教科書が活かされる選択肢ですね。

ただ、中学の教科書の情報は改訂されていくことを念頭に置いておいてください。

あげた相手が使う頃には古い内容になっている可能性があります。

有効活用されるとすれば、一つ下の学年の後輩に予備としてあげるなどの方法が考えられます。

-断捨離

© 2021 すてルナ!