お花のサブスク・定期便 サブスク・定期便

500円の花束(ミニブーケ)はどのくらいのサイズ?ボリュームや選べる本数・適した用途

オシャレな花束

500円で買える花束はどれくらいのサイズ感か気になりますよね。

ルナ
ボリュームがあまりない感じだとちょっと嫌だものね。

プレゼントや自宅用など、目的に合ったボリュームになるのか不安という方も多いでしょう。

そこでこの記事では、予算500円でどんな花束が買えるのかを解説します。

「どんな花を何本くらい選べるのか」「ミニブーケにするにはどんな花がおすすめか」を画像付きで説明するので、ぜひ参考にしてください。

 

500円で買える花束はどのくらいの大きさになるのか

500円で買える花束の目安は、だいたい3~5種類くらいでまとめられたミニブーケくらいです。

例えば、「大ぶりの花2〜3本とグリーン」「大きな花1〜2本に小ぶりな花とグリーンのミックス」などの花束をよく見かけます。

500円で買えるブーケは、3,000円くらいの花束と比べるとどうしても本数は少なくなります。

そのため切り花の長さを短くし、片手で軽く持てるくらいのコロンと丸まったブーケが多いようです。

1輪が大きくて鮮やかなものをメインに使っているので、サイズとしては小ぶりながらもパッと目を引きますね。

白い小さなカスミソウを加えることで、かわいらしい印象を感じます。

アネモネを数カラー混ぜて束ねているので、とても華やかですよね。

アネモネは通常、1輪100円〜300円台で売られていることが多く、3~4輪の花束にできます。

耐寒性の強い植物で、花屋では12月〜3月によく出回りますよ。

華やかな切り花に加えてグリーンもたっぷりミックスしているので、とても500円とは思えないボリューム感ですね。

間に挟まれている小花を少し飛び出させることで、立体的なブーケの感じも出ています。

500円の花束はどのような用途に最適?

500円の花束は2つのシーンで使えます。

  1. 自宅用
  2. プレゼント用

それぞれの使用例を見ていきましょう。

①自宅用

「自宅用だからラッピングは必要ない」という方は、100円くらいのラッピング代も花の購入に充てられます。

「ラクハナ」という花のネットスーパーには、500円以内で購入できる花が豊富です。

参考:ラクハナ

 

500円で買える花束は、3〜5輪くらいの花をまとめたものが多いですが、1つの茎に数輪ついているタイプの花を使った花束はとてもボリュームが出ます。

オレンジ色のガーベラ

引用元:ラクハナ

黄色いスプレーマム

引用元:ラクハナ

ボリュームのある花束は、3輪ずつぐらいに切り分けて、それぞれを小さな花瓶に生けてもかわいいですよね。

ちなみにミニブーケ用の花瓶には、高さの低いものがぴったり。

500円で買える花束は、茎の長さが短めのものを数種類集めてボリューム感を出しているので、高さのある花瓶だと不格好になってしまうからです。

高さが10㎝前後で、花瓶の口が大きすぎないものだと、ミニブーケの丸みを帯びたフォルムそのまま再現できるためおすすめです。

丸い花瓶

引用元:楽天市場

②プレゼント用

「誕生日プレゼントを用意したけど、何かもう少し加えたいな」というときありませんか?

500円のブーケは、他のプレゼントに添える贈り物として最適です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

romi*(@romi9802)がシェアした投稿

ミニブーケが一緒にあるだけで、華やかさが一気にプラスされますね。

500円のブーケをプレゼントするときは、ラッピングを必ずしてもらうようにしましょう。

本数が少なくても、ラッピングで色味が加わることで鮮やかに見えますよ。

ただ、ラッピング代がおよそ100円くらいかかりますので、実質400円分しか花を購入できないことに注意が必要。

そのためこの場合の花束は、他のプレゼントに添える用途で準備すると良いサイズ感です。

花束をメインで贈るときは1,000円予算にする

ちなみに、花束をメインで贈る場合は、1,000円くらいの予算を準備するのがオススメです。

花束に使える予算を1,000円にすると、500円のブーケよりひと回りくらい大きい花束が作れます

500円を追加するだけで、組み合わせられる花やグリーンの種類が増えて、ぐっと豪華な印象になると考えるとお得な気がしますね。

ですので、花をメインとしたプレゼントであれば、1,000円予算で用意した方が見栄えがして良いでしょう。

500円の花束でなるべくボリュームを出すには?

500円予算の花束でも、ボリューム感を出すコツは5つあります。

  1. ボリューム感のある花を選ぶ
  2. グリーンや小花でかさましする
  3. ラッピングを追加で依頼する
  4. スーパーや道の駅で花を買う
  5. 店員さんに相談する

順に見ていきましょう。

①ボリューム感のある花を選ぶ

大ぶりな花をメインに選ぶと、少ない本数でもボリューム感を出すことができます。

そこで、ボリュームを出すためにオススメな花を紹介しますね。

【バラ】

バラの束

引用元:はなどんや

バラの中でも「スプレーバラ」というものを選ぶと、1つの茎にたくさん花が咲いているので豪華に見えます。

1輪だいたい100円〜300円台で売られていることが多いです。

【ガーベラ】

ガーベラ

引用元:はなどんや

花弁が大きく開いているのでとても存在感があります。
1輪が100円台のものも多いため、4本くらい購入しても500円内に収められるでしょう。

【カーネーション】

カーネーション

引用元:はなどんや

カーネーションも「スプレーカーネーション」というものを選ぶと、1つの茎にたくさん花がついてきます。
1輪100円台から購入できるので、価格を抑えてボリューム感を出したいときにぴったりです。

②グリーンや小花でかさましする

グリーンや小花は、メインで使う大ぶりな花の間に挟んでよく使われます。

少量でも使うことで、ブーケとして立体感が出るのでおすすめですよ。

グリーンは葉つきが良く、花束の中でアクセントとなります。
1本100円しないものが多いのも嬉しいポイントです。

グリーン

引用元:はなどんや

小花を使うと、全体的にふわふわした印象を出すことができます。
小花は1茎だけでも十分な量の花がついているので、ミニブーケに入れる分だけなら比較的安く手に入るでしょう。

アルケミラ

引用元:はなどんや

③ラッピングを追加で依頼する

ラッピングペーパーを巻いてリボンをかけるだけでも、贈り物として見栄えがします。

ラッピング用紙やリボンも色とりどりなので、ブーケに使っていない色をあえて使うことで、華やかさを足すこともできるのです。

花屋によってラッピング代は違いますが、透明なセロファンとリボンであれば、100円くらいでラッピングしてもらえます。

④スーパーや道の駅で花を買う

スーパーや道の駅では、花屋で買うよりも安く切り花を購入できることが多いです。

ルナ
たしかに、バケツがたくさん並んで切り花が売られているところもあるね!

実はスーパーでは、花屋で1本買うくらいの価格で切り花の束を手に入れられるのです。

1本が100円しない花もあるので、500円で購入できる量も増えます。

自宅に飾る分には、花屋ではなくスーパーや道の駅で買った方が、安くたくさんの花を買える可能性は高いでしょう。

⑤店員さんに相談する

花屋でミニブーケを買う際は、店員さんへ相談すると良いですね。

まずは、予算が500円であることを伝えましょう。

その後に「小花なども加えてふわっとした印象のもの」「大きくて鮮やかな花を数本束ねたもの」などと、自分が欲しい花束のイメージを伝えればOKです。

店員さんに聞くのは緊張するかもしれませんが、置いてある花を勝手に取ってはいけない花屋もありますので、まず初めに店員さんに声をかけておいた方が安心でしょう。

花屋で500円だけ買うのは迷惑ではないか?購入方法を解説

花屋で500円だけ買うことは迷惑にはなりません。

とはいえ、十分な材料がなければ作ってもらえなかったり、簡素な仕上がりになったりするので、お店に並んでいる花をチェックしてお店に入ると良いでしょう。

花が十分にありそうだったらさっそく注文しに行きますが、そのときのオーダーのコツをご紹介します。

  •  予算を伝える
  • 花束を注文する目的を伝える
  • 花のイメージを伝える

例えば「500円の予算で、自分用に花束をお願いしたいです。ピンク系の花と小花を使ってかわいい感じにしたいのですが可能ですか?」という風に伝えると良いでしょう。

また、店員さんに相談せず出来合いのミニブーケを購入するという手もあります。

各地の駅構内などに出店しているAoyama Flower Marketさんでは、税込み495円のグラスフラワーというミニブーケが購入できます。

ミニブーケが売られている場合は、店頭に目立つよう置かれていることが多いので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

500円だとしても、片手に収まるくらいのサイズ感で華やかな花束を購入することができるので、自分用やちょっとした贈り物用にとてもおすすめですよ。

ルナ
さっそく自分用に欲しくなってきた!

-お花のサブスク・定期便, サブスク・定期便

© 2022 すてるなキケン